言語を選んでください

鋳物旋盤台付きの機械は永遠に続く

クロン 永続性

ビデオ

クロン

金型に流し込む、クロン量産。一体化に形成され、スプライシングを遠慮する。

永続性

200MPa軽く引っ張りに強いフレーク状石墨を使って鋳鉄。炭素量が多い、引っ張り強度と硬性が高い。衝撃吸収性と耐摩耗性が良い。旋盤台感度と耐熱性の優れさはマシンの摩耗性に減少でき、精度が長く保つ、生命周期が延長できる。

鋳鉄ベッドを選ぶ理由は?

鋳鉄ベッドの機械原理と長所

  • 一番ふさわしい材料を使用する

    旋盤台の加工性能、安定性または防振性能が大切です。防振性能低い、炭素量低いQ235Aの代わりに、炭素量の高い、黒鉛の形で存在しているねずみ鋳鉄を使って、旋盤台の防振性能及び耐摩耗性が高くなれる

  • 一番ふさわしい鋳造技術

    タイミング処理してから、まる一体の鋳造技術で、内部応力がなくなり、安定性が高くなり、したがって、高精度が確保できる

  • 構造がより合理的

    鋳物ベッドは単一の材料と統合されて定形になっております。、最適なストレスポイントと支持構造を選択できます。機械的特徴をより完璧にします。

鋳物ベッドを配置している

• • •

もっと

パフォーマンスのメリット

どうして多くの中国工場は鋳物ベッドは使わないですか?

鋳物ベッドの生産は会社の実力とサプライチェーンの品質、特に鋳物の構造設計に関する要求が非常に高いです。十分な経験がなければ、構造設計を鋳物プロセスと一致させることは困難であります。 工作物のサイズが大きすぎて、鋳造経験が不足すると、トラコーマ、ゆるみ、破損および他の欠陥などの鋳造欠陥を生じやすいです。 我々は、強力な技術力とサプライチェーンを持っており、高品質の鋳物ベッドを生産することができます。

No.1299, Xinluo Ave Hi-tech Zone Jinan, Shandong, China

Privacy Statement

© 2017 BODOR